黒ずみをキレイにしたくて過剰にケアをしたり、ついつい手で弄ったりしている方は少なくないと思います。

黒ずみを発生させる要因は大別して3種類あります。

まずはご自身がどのタイプに該当するのかをチェックしてみてくださいね。

1:角栓で毛穴が塞がっている

毛穴が、邪魔な皮脂や古びた角栓で塞がってしまうと、その角栓が酸化して黒色になってしまいます。

毛穴に蓄積しているわけですから、そのぶん毛穴が拡張してそのせいで影が発生してしまい余計に黒ずみが分かりやすくなってしまうのです。

また、角栓で毛穴が閉塞したまま放置していると、黒ずみだけに留まらず肌荒れやニキビを招いてしまう恐れもあります。

ちなみに、角栓の閉塞のせいで黒ずみが発生するケースでは、指でその部分を触るとザラザラ感があることが大半です。

2:メラニン色素が溜まっている

下着による圧迫や摩擦、UVなど、皮膚がダメージを受けると「メラニン色素」というものが生成されるのですが、それが溜まると黒ずみになってしまいます。

ですから黒ずみを作りたくないのであれば、皮膚を無意味に擦らないようにしたり、UVケアをきちんと行ったりして、黒ずみの発生を防ぎましょう。

メラニン色素の影響で黒ずみが発生するケースでは、指でその部分を触ってもザラザラ感がないことが大半です。

ちなみに黒ずんでしまう理由として一番多いのはこの「メラニン色素の過剰発生」だと言われています。

3:肌の産毛の影響

シミや汚れなどではなく、産毛の影響で黒く映ってしまう場合もあります。

産毛が生えているのであれば慎重にそれを剃ってしまえば黒ずみが消えることもあります。

ただ、埋没毛(皮膚の中に埋まっている毛のこと)のせいで黒く見えてしまうケースもあるので困りものですね。

ちなみに、これについても指で触ってもザラザラはしません。

毛穴が角栓で塞がっていることが原因の黒ずみをケアする場合は、適切に洗顔(クレンジングも)を行い、十分に保湿することが大事です。

皮膚をこすることで毛穴を閉塞させている角栓を除去しようとすると、肌が乾燥してしまう可能性が高いのでNGですよ!

こする、つまり皮膚にダメージを与えると、皮膚を保護しようとして、むしろ皮脂の発生量が多くなり、さらに角栓が塞がりやすくなったり、毛穴周辺の肌が硬化してしまったりする恐れがあります。

また、洗顔フォームやクレンジング用品をきちんと適量出すことも大事です。

ケチると、洗顔フォームやクレンジング用品を皮膚に塗る際にこすれてしまって、皮膚にダメージを与えてしまう恐れがあるからです。

それから、角栓による毛穴の閉塞が原因の黒ずみで困っているのであれば、蒸しタオルでのお手入れを7日に1回くらいのペースで行うことを推奨します!

クレンジングを終えたら、皮膚に蒸しタオルを乗せて温度を上げます。

そうしてから顔を洗うことで、毛穴を閉塞させている邪魔な角質や皮脂が除去されやすくなりますよ。

そして、メラニン色素が原因の黒ずみに関しては、やはりゴシゴシ擦らないようにすることとUVケアをすることが大事です。

UVを浴びるとメラニン色素が生成されやすいので、オールシーズン日焼け止めを塗布してからお出かけするなどのケアをしていきましょう。

日焼け止めに関してですが「PA」の+がたくさんあるものほどUVカット力が強く。

SPFの数値が高いほど、皮膚が赤くなりにくくなります。

ですが「じゃあとにかく紫外線ブロック力が高いものを!」という考えで選ぶのは禁物です。

なぜなら、紫外線ブロック力が高いほど、皮膚へのダメージが激しくなるからです。

ですから、場面に応じて使い分ける必要があります。

また、日焼け止めを使ってある程度時間が経ったら忘れずに落としましょう!

皮膚に日焼け止めの成分が残存してしまうと、それによって黒ずみや乾燥が発生することもあるので油断は禁物です。

それから、美白クリームを用いるのも良いでしょう。

また、先ほど紹介した産毛は脱毛エステや皮膚科で処理してもらうことを推奨します。

シェーバーや毛抜きでセルフ脱毛をすると、皮膚ダメージを与えてしまって、肌荒れを引き起こしたり黒ずみをエスカレートさせたりする恐れがあるからです。

黒ずみケアに関して調べると実に色々な手段があることが分かります。

それらは大別すると「専門科などに頼る」「セルフケアをする」の2タイプに区分され、それぞれに利点と欠点があります。

 

セルフケアとしては美白クリームを使うのがおすすめ!

パパっと塗ることができて、コツコツ続けやすいのが利点だと言えるでしょう!

対してピーリングやレーザー治療は保険の対象外ですから、コストがかなり跳ね上がってしまうかもしれません。

ですが、美白クリームであれば、オンラインショップで定期便などを活用すれば、月々5000円程度の出費で済むはずです。

大半の美白クリームには、黒ずみの元凶であるメラニンにアプローチする成分が入っていますから、継続使用することでだんだんと皮膚の色を白くしていく効果が望めます。

また、美白成分だけでなく皮膚を保湿したり、皮膚のコンディションを安定させたりする成分も入っていますので、皮膚との摩擦やムダ毛のセルフケアでダメージを負ってしまった皮膚もきちんとケアすることが可能です。

そして、美白クリームの中には「成分の安全性の高さ」をアピールしているものも多いので、肌が傷んでいると感じる方は、そういったタイプのクリームを使うことをおすすめします。

ただし、美白クリームの効果はそれほどすぐに出るものではないということは覚えておきましょう。

皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)の周期について把握すれば納得できる話です。

肌に関しては「役目を終えた角質が剥がれ、新しい皮膚に刷新される」ことをターンオーバーと言うのですが、健康な方でも1サイクルで4週間程度はかかります。

ですから、少なくとも30~60日くらいは継続しないと効果が出ないものだと思っておくべきです。

また、ホルモンバランスが乱れたり年齢を重ねたりするとターンオーバーの1周期が長くなりますので、できれば180日程度は継続使用しましょう。

やはり少しでも早く黒ずみ改善効果が発揮されてほしいものですが、慌てずコツコツ頑張らなければならないという事です。